コンペでマイホーム

新住宅選択システム【コンペでマイホーム】のご紹介

マイホームをお考えの方に、無理のない予算で希望にかなうマイホームの取得をお手伝いするシステムです。
この【コンペでマイホーム】を利用する最大のメリットは、

ご自身の適正予算の中で、複数の建築業者を比較しながら、ご自身に合う建築業者を選択することができ、好みでない建築業者に対しては、しつこい営業を堂々と断ることができる。

 

というところです。

本来なら、一件、一件、建築業者を訪問して営業マンとお話しいただいて、ご自身の納得するマイホームを建築してくれる建築業者を選びたいものです。が、それには労力と時間と建築に関する知識が必要です。

また、建築業者の営業マンの熱心さには頭が下がるものです。が、必要のないときも多いのではないでしょうか?

キチンと断れる性格の人であれば良いのですが、断りきれない人も多いのが現実です。

【コンペでマイホーム】ご利用のメリット

 

    • 自分たちの適性予算やマイホームへの要望がハッキリ明確になる
    • 家づくりが建築業者主導でなく、あなたのペースで進むようになる
    • 家づくりの最適な時期が明確になる
    • 自分にあった住宅会社選びができ、一級建築士・FP・宅地建物取引主任者などのプロのサポートが受けられる
    • 自身をもって家づくりに望むことができる

【コンペでマイホーム】はこんな方にお奨めです

 

    • 同条件で安く建築できる業者を探したい
    • しつこい営業をされたくない
    • 同じ話を何回も営業マンにするのは面倒だ
    • 色々みて決めたいけど時間がない
    • 複数の建築業者に一括で見積を依頼したい
    • 建築業者にお願いしてもなかなか希望するプランがでてこない
    • 中立の第三者にサポートしてほしい
    • 一級建築士やファイナンシャルプランナーにアドバイスをして欲しい

マイホームの取得をお考えの方!是非ご利用ください!

~現在無料モニター10組募集中です~

お申込・資料請求はコチラから

 

コンペでマイホーム概要

konpe-myhome


【マイホームコンペ】の具体的な流れ】

ステップ1 マイホーム予算を決める

お客様の現在の収入状況・貯蓄状況・家族構成などのデータよりライフイベント表を作成し、「マイホーム」購入の適正予算を検討します。

 

    • 現在の収入に見合う月々の返済額は?
    • 住宅ローンは何年で組んだほうがよい?
    • どのくらい住宅ローンが借りられる?
    • マイホーム購入に必要なお金は?
    • どこの金融機関から借りたらよいの?
    • 住宅購入の諸費用や購入後の費用は?

などを勘案してマイホーム取得のための資金計画書を作成いたします。

ステップ2 マイホーム要望書の作成

新築・中古住宅・マンションなど、お客様のご要望をマイホーム要望書にまとめます。

マイホーム要望書には

 

    • ご家族のプロフィール(年齢・職業・趣味・ライフスタイルなど)
    • 建設予定地等の情報(敷地面積・測量図・用途地域・建蔽率・容積率など)
    • 間取りの要望(LDK・子供部屋・趣味の部屋・収納・ロフト・吹き抜けなど)
    • 設備の要望(キッチン・バス・トイレ・車庫・太陽光発電など)
    • 外観・スタイルの要望(外壁・屋根・庭・テラス・バルコニーなど)
    • その他全体的なイメージ(和風・モダン・洋風・使い勝手の良い間取り・家族の気配を感じられる・明るいなど)
    • マイホームでやってみたいこと(ペットを飼う、庭でバーベキュー、趣味の部屋など)

尚、土地の取得も一緒にする場合は弊社でお探しいたします。

    • 希望地区(学校区・駅に近い・川西・川東など)
    • 希望面積(50~60坪など)
    • 希望周辺環境(学校近く・病院近く・スーパー近くなど)

なども、まとめてどのようなマイホームを希望するのか要望書にまとめます。

ステップ3 金融機関との予備交渉

1、2の予算とマイホーム要望書をもとに金融機関との予備交渉を行います。

ご指定の金融機関がある場合には、指定金融機関と交渉します。

有利な金融機関を選びたい場合には、比較一覧表を作成し、より条件のよい金融機関を選択するお手伝いをいたします。

ステップ4 マイホーム要望の再作成

3.の金融機関との予備交渉後に借入可能額の変更など予算が変更する場合には再度、予算を要望書を再作成いたします。

ステップ5 マイホームコンペの開始

上記1~4の準備が整いましたら、いよいよ【マイホームコンペ】の開始です。

 

      1. ご希望する工務店・ハウスメーカー・建築家をお客様に選択していただきます。(3社社程度)ご希望の業者がない場合、又は建築業者を絞り込んでもらいたい場合には弊社よりご紹介も可能です。
      2. マイホーム要望書を建築業者様に提出し、コンペに参加いただるかの確認をいたします。
      3. 【マイホームコンペ】に参加いただける業者に対し「マイホーム要望書」を提出し1ヶ月以内に設計プランと簡易見積書を提出していただきます。
      4. お客様は建築業者様から提出されるプランの中からお気に入りのプランを選択(何社でも可能です)していただき、実際に会ってお話を聞いてみたい建築業者様にプレゼンテーションをしていただきます。
      5. プラン・予算・工期など建築業者様との契約内容にお客様が納得したら、金融機関に最終審査を依頼し、資金計画の最終調整を行います。
      6. 資金計画完了後に建築業者様とご契約となります。

※希望があれば弊社パートナーの一級建築士に法律的な問題や図面のチェック依頼も可能です。(この場合は別途料金となります)

※希望のプランや建築をお願いしたい建築業者が見つからなかった場合には再度【コンペでマイホーム】の開催も可能です。


マイホーム取得の失敗談

失敗① 予算オーバーのマイホーム購入

今のアパートじゃ、ちょっと狭い・・・今朝のチラシを見ると住宅展示場でなにやらイベントがあるらしい。今日は天気もいいし住宅展示場でも行ってみるか・・・

その場にいた営業マンと意気投合し、進められるがままになんとなく話が進んでしまう。プランも気に入っているし、この営業マンはなんとなく信用できそうだ。すこし高いような気もするが、営業マンも「お客様の年収であれば楽々返済可能ですよ!」と言っている・・・

 

その後、めでたくマイホームは完成しました。しかし住宅ローンの返済が始まって気がつきました。今までのアパートに比べて光熱費は増えるし、税金もかかる。火災保険にも加入しないといけないし、子供にもお金がかかる。営業マンは「楽々返済可能ですよ!」と言ったのに・・・・住宅ローンを返すだけで精一杯です。

★ポイント

建築業者の仕事は「お客様のマイホームを建築すること」が一番大事な仕事です。物件引渡後のお金のフォローまではしてくれません。

住宅ローンを支払うのは結局あなた自身です。マイホーム購入後の生活も良く考えて、まずはしっかりした資金計画をたてることが重要です。

失敗② 他社を検討せず購入を決断してしまうケース

住宅展示場や見学会に行き建築業者の営業マンの話術にはまり、他社を検討しないで契約してしまう。契約後にいろいろな情報が入ってきて、契約金額が相場より割高なことや、仕様があまりよくないことに気がつき後悔する。

★ポイント

営業マンが好印象であってもすぐに契約してしまうのは禁物です。営業マンは販売のプロです。売ることに関しての厳しい教育を受けている営業マンはあなたにスマートで好感を持ってもらえるように厳しい訓練を受けています。

また、マイホームの購入に限らず、競争相手(ライバル会社)がいない場合には必然的に建築業者の提示する価格は高くなりがちです。みすみす安い値段で提示する必要がないからです。できれば何社か競わせてマイホームの価格を下げたいものです。(無理な値下げ要求はお勧めしませんが・・・)ご自身で相見積もりをとるのも可能ですが、それには労力と時間も必要です。また、通常より安すぎる見積を提示する業者にも注意です。工事に手抜きなどされたら取り返しがつきません。マイホームは人生で一番高い買い物です。しっかり比較・検討し自分のペースで家づくりを進めるようにしましょう。

お客様の声

見附市I様

konpe-1

長岡市K様

cos1

cos2

cos3

【コンペでマイホーム】はこんな方にお奨めです。

    • 同条件で安く建築できる業者を探したい
    • しつこい営業をされたくない
    • 同じ話を何回も営業マンにするのは面倒だ
    • 色々みて決めたいけど時間がない
    • 複数の建築業者に一括で見積を依頼したい
    • 建築業者にお願いしてもなかなか希望するプランがでてこない
    • 中立の第三者にサポートしてほしい
    • 一級建築士やファイナンシャルプランナーにアドバイスをして欲しい

マイホームの取得をお考えの方!是非ご利用ください!

 

~現在無料モニター10組募集中です~

 

お申込・資料請求はコチラから

←家づくり相談メニューに戻る

TEL 0258-94-4370

soudanraiten semina

希望物件探します

kibo
ページ上部へ戻る